お檀家さんのご紹介③ 2015/11/17 

DSC04233

毎年、寺庭の雪囲い(そがき)をお願いしている、
庭師の須藤博敏さん・後藤正美さんの
ご紹介をさせていただきます。

須藤博敏さん
昭和32年生まれ。地元の西里中学校同窓会のまとめ役もされています。
今年で閉園になる西里幼稚園のなんと一期生だそうです。
幼稚園ができる前は、両所の神社の社務所に
農繁期限定で子供たちが集ったそうです。
庭師(剪定、雪囲い)と農家(サクランボ、米づくり)をされてます。
以前もご紹介させていただきました。
https://www.facebook.com/#!/hirohisa.nunokawa/posts/709635342487721?pnref=story
娘達や嫁にも大人気で、103日に稲刈りを娘達と私が体験させていただきました。
https://www.facebook.com/#!/hirohisa.nunokawa/posts/801198489998072?pnref=story

先日、須藤さんが作っている有機農法米を沢山いただきまして、県内外の友人に送らせていただきました。
米の種類は、ツヤヒメ、コシヒカリ、ハエヌキを作っておられます。
私は食べたって?勿体なくて未だ食べてません^^;
夢は、観光体験農園だそうで、田んぼや畑をみんなで収穫したいそうです。
「第2の夢として、うちの娘を弟子にとってください」とお願いしました^^

<須藤桜桃園>
090-2279-0154
999-3533 山形県西村山郡河北町西里1920-3

後藤正美さん

昭和23年生まれ。お住まいはお隣寒河江市三泉。同じく庭師と農家。
須藤さんとは以前あった造園会社時代から一緒で、30年くらい一緒に仕事をしているそうで穏やかな方です。
冬は、ハウスで温度を温めてサクランボを作っているそうです。
「ご趣味はお仕事ですか?」とお聴きすると、遠慮気味に肯定されておりました。
”雪囲い”といっても様々な技術があり、ただ囲うだけでなく、魅せる工夫もされていて、杭、板、縄だけで芸術品をつくる職人芸です。

これで、お寺の庭の木々も安心して眠りにつくことができます。以上、庭師さんお二人のご紹介でした。
須藤さん、後藤さんのご協力に、感謝!!

そしてここまで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>