山形は石造文化財の宝庫 2016/1/16 @西川町

hondoji1hondoji2

今日は、山形県西川町本道寺地区の新年会にお邪魔してきました。 さすが西川町。雪がしっかり積もってました^^; 部外者である私のお目当ては、 荒木志伸先生(山形大学)の講演会。 先生は、山形に来て15年。東京のご出身で、山形は第二の故郷だそうです。 県内では山寺・羽黒山・慈恩寺など(他にもあり)、 宮城では松島・瑞巌寺と、各霊場で石造調査をされており、その分野では有名な方です。

山形は、雪が降る地域でありながら、石造の保存状態がすごく良いそうです。 また東北では青森の恐山、岩手の中尊寺、宮城の瑞巌寺が有名ですが、 山形は一つの県にたくさんの霊場を持つ稀有な存在とのこと。 その割に調査がされてなく、専門家の中でも注目されているそうです。

家のお墓が石で建てられるようになったのは江戸時代からで、 およそ百年でデザインも変化しており、これらは全国共通だそうです。 また、江戸時代初期は一人一つの墓だったのが、江戸の中頃には夫婦で一つに。 これは“家の成立”を意味しているようです。 明治時代になると「○○家之墓」と“家の意識”が向上。 そして現在の墓は、個人の自由・個性が目立ち、中にはバイクの形の墓石もあるとか。 一方で墓入らないという方も増え、共同墓地など、江戸時代以前の姿に戻りつつある傾向にあるようで、お墓は時代や社会を反映しているといえます。

「国とか税金ありきだと、金の切れ目が活動の切れ目になりますが、本道寺は、地元の人が既に活動を始めていました。」と地元の人が調査時点から関わることの大切さを力説。 湯殿山信仰で栄えた本道寺の参詣者は、北関東からだけでなく、 太平洋側の福島や宮城県からも参詣者が来ていることが、石造を調査することで分かり、石造と景観が良く残されている本道寺の可能性を熱く語っていただきました。

地元の人にとってはアリキタリのものが、 外から又は専門家から見ると「大変可能性のある観光資源」に見える本道寺。 このギャップを埋めるには、もっと様々な立場の人に参加してほしいと強く感じました。

がんばれ本道寺!! そして、今年もお世話になります^^

ここまで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

河北町・出羽国四国八十八か所沢畑霊場 2015/9/23

DSC05128

シルバーウィークの最後ということで「家族でハイキングでも」と予定してましたが、
昨夜大喧嘩をしまして^^; 3対1   1人になってしまいました^^; 折角の輝ける休日を”活かすも殺すもあなた次第よ”
ならば ”怪我の功名” というのでしょうか、近場で、しかも魅力的な ”マニアック霊場” を ”探索” することに^^
名前は、「出羽国四国八十八か所沢畑霊場」
1844(弘化元)年、地元でも四国巡礼ができるようにと、当時の有志二名が四国の各霊場の土を持ち帰って地元の山に埋め、石仏を建てたそうです。西川町本道寺の「石塔をどこに置くか?」のヒントにもなる、素晴らしい場所です。御朱印のハンコは、紅花資料館でもらえるようです。資料館の職員さんに伺ったところ結構遠くから、わざわざ登りに来る方もいるそうです。ただ、整備がいきとどいて無く、倒木も見られます。ゆっくり歩けば健康にも良く、見晴らしが最高なコースです。江戸時代の人は、”巡礼” と称して結構遊び上手だったのではないでしょうか^^?河北町に来たら、ぜひ登ってみてください^^ 帰りは「紅花資料館」に立ち寄って、「ひなの湯」で汗を流して、「冷たい肉そば」食べて「道の駅」でおみやげ買って♪ ほんでもって、ほんでもって…ここまで読んで頂き、感謝です!!

村山虚空蔵院 ~バラ公園~ 2015/11/15

DSC04191

行ってきました、念願のバラ公園内にある虚空蔵院。 子ども達は、バラ公園内で遊び、その間、自分は一人虚空蔵院を目指しました。 なかなか急な坂道で、最初から足に負担がかなり来ました。 それでも、時折写真撮影をしながら 体への負担をかえって楽しみながら。
まず最初に虚空蔵院にたどり着きました。 そこで絶景を楽しみ、アンケートなどの資料を物色し、 その後のルートを確認しました。 ここの霊場、アンケートを積極的に取っており、とても参考になります。 ここで、家内に電話でこのまま霊場修行を継続して良いか確認。 OKをもらい、安心して次の目的地へ出発。

しばらくして鐘つき堂へ到着。 ここで、鐘つき堂建築にまつわる歴史を確認。 もちろん「ゴ~ン」、つきましたよ鐘を^^ そしていよいよ最終目的地の奥の院へ。 ここからは、まさに昔ながらの山道といった雰囲気。 狭く落ち葉が落ちて滑りそうで急な山道を、 ゆっくりと、時に熊よけの笛をふきふき登り続けました。 途中、石垣をいくつも発見。 この山の石を使った石垣のようで、愛おしさを覚えつつ、 登り続け、ついに奥の院に到着。 なかなかきつい山道で、登った甲斐がありました。

子供たちは下界の公園で遊び、 自分は霊場の山頂まで修行。 子供も大人も楽しめる村山バラ公園、最高!!

帰り道は、途中で裏参道を通って帰ることに。 こちらのほうが昔ながらといった雰囲気があるものの、整備が今一。 表裏、両方を大事にして欲しい。 家族と合流し、バラ公園の駐車場を出ると、看板が。 池の向こうの山にも散策ルートがあるらしい。 今度は向こうの山を散策しよう♪ また来るぜ、バラ公園!! ここは最高にお薦めのコースです。 素人判断ですが、山登り前、 足を鍛えるのにちょうど良い感じ。

ここまで読んで頂きありがとうございました m(_ _)m

白山神社 お柴灯 2016/2/8

osaito5
osaito11

昨日、地元・白山神社のお柴灯に参加しました。
まず小学生が、
村をまわって焚きつけに使うワラや豆のから集めてまわり、…
準備をします。
次に点火する前に、
地元の長老から「お柴灯について」のお話を聴きます。
早く火をつけて暖まりたいところですが我慢我慢。
話の内容が分かっても分からなくとも、
この経験自体が地元に愛着を持つ貴重な想い出になることでしょう。
お話がおわると、いよいよ点火。
火の傍で温もりながら、
“お護符”と呼ばれる
お重に詰めた五目御飯を手に頂き、その場で食べます。
これがまた美味しい。
お護符を皆さんに配ってくださる方の功徳は無量です。
お柴灯は、
お正月の注連飾りや古いお札を焚きあげ、
一年間の様々な災厄を祓い清めます。
この火にあたると、体が丈夫になり風邪をひかないとされます。
また辞書には「神仏の灯明として焚く柴火」とありますので、
神様もさぞ喜んでくださっていることでしょう。

白山神社 注連縄づくり

P11108191

2015年8月2日

今日は、8:30から12:30まで約4時間、
村の神社の注連縄づくりに参加しました。
15日の祭(お神輿&盆踊り)の準備です。
と言っても、初めての体験なので、
一から学ばせてもらう立場でした^^;

作業工程は
①始めに、ワラしごき。
棍棒のような道具でたたいて柔らかくします。
②次に、コモづくり。
見たことのある道具でしたが実際に使っているのを初めて目にしました。
③そして、注連縄づくり。

すべての工程が初めての光景で、とても新鮮で面白かったです。

最初は見るだけで、
正直やりたいとは全然思いませんでした^^;
ところが、DNAなのか、
実際にワラを編み出すと、徐々にコツが分かり、面白くなってきました。
理屈でどうのこうの考えるより、
ワラに触れることで、
ワラと自分の体が、やり方を教えてくれる感覚でした。

それでも、
ほんの一部の作業を身に付けた(?)だけなので、
大先輩にお願いして
「自分の寺の神様用」に注連縄を作ってもらいました。
みんなに「お寺に神様なんていんのが?」と冷やかされました。

御堂の中で灯籠貼りしていたおばちゃん方にまで、
「お坊さんは、神社の中に入って良いの?」
と言われる仕末^^;

ワラといえば、
草鞋(わらじ)、深靴(ふかぐつ)、蓑(みの)、むしろ、納豆など、
一昔前までは、一般家庭の必需品だったはず。
今回、実際にワラを編める人は、ほんの一握りでした。
若手になる40代から、60代の人は全くと言っていいほど編めません。
でもそんな中、みなさん注連縄づくりに興味を覚えたようです。
稲ワラから元気をいただいた感じです。
大先輩からは「呑みながらしないと」なんて声も上がりました^^;

この注連縄づくりは、
たぶん外国の方も喜ぶのでは?また、
子どもたちにぜひ体験して欲しいです。そして、
この文化を体験する場として、
村の神社は最高の場所ですね。なぜなら、
外は、こ~んなに暑いのに、
境内は木々が繁って、全っ然暑くないのですから。

いや~、ワラ最高!
ここまで読んで頂き、ありがどさま~^^

造山(つくりやま) 日枝神社

tukuriyamahiedajinja

2015年4月22日

コミュニティを元気にする ~村の神社の可能性~

今日のお昼前、
3歳の娘が「自転車に乗りたい!」というので、
自転車のうしろに乗せて、

近くの造山(つくりやま)という地区までお散歩しました。

お目当ては日枝神社。
庄内の山王神社より勧請したそうで、
明治初期まで山王権現として祀られていました。
山王権現は、
日枝山(比叡山)の山岳信仰、神道、天台宗が
融合して成立した、延暦寺の鎮守神だそうです。
祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)。
使いが猿なので、
昔この造山地区では、
犬は一匹も飼われていなかったそうです。
また、大正時代頃まで、
”疱瘡の神”として、近郷からの参拝者が多かったそうです。

神社の左手には、太神宮、湯殿山、光明真言などの石碑が。

太神宮の碑には、「嘉永五年四月」とありましたので、
1852年の5月中に建立されたようです。
農閑期に伊勢参りし、田植えが終わってひと段落したころに
この石碑を伊勢参り記念に建てたのでしょう。

湯殿山の碑は、
石英粗面岩という石で、とても堅そう。
おそらく寒河江市幸生(さちう)からもって来たものだろうとのこと。
おなじく光明真言の碑は、
真言宗智山派の影響でしょうか。

右手には、漢学者の菊地槃山の石碑がありました。
この方は、寛政五年(1793年)の生まれで、
江戸で塾を独立で構えたそうです。
その後、ご両親の不幸に遭い、
やむなく帰郷し、地元で塾を開きました。
この地方の私塾の魁のような方でしょうか。
その門下生が、(私の地元)西里で各々塾を開き、
盛況を極めていきました。
その私塾が、のちに明治初期の小学校につながっていくわけです。

田舎の
何の変哲もない小さな神社から、
その地域の様々なことが見えてきますね。
今度はどこをサイクリングしようかな^^

ここまで読んで頂き、ありがとうございますm(_ _)m

天童高原 2015/9/22

DSC03446

行ってきました、天童高原。
意外と思われるでしょう?
ここ、眺めが良いんです。葉山・月山はもちろんのこと、
遠くは鳥海山まで見ることができます。

到着地点まで寄り道せずに行けば良いものを
ついついフラッと立ち寄ってしまうのが私の癖です。
今回も、車を走らせていると棚田を発見!
車を停め、「降りるぞ!」と1人先にサッサとカメラを持って野原に。
「また~」といつもの病気が始まったと、ゆっくりついて来る家族。
でもそのうち満更でもなく遊びだすところは計算通り^^

とこんな感じで、最終地点へは一時間遅れくらいで到着。
天童高原、
何といっても眺め最高です。
車で天辺まで来られるので、
山寺よりもここをお薦めしたいくらいです。
食券販売機が置いてあり、ソフトクリームも食べられます。
そして、子供たちが遊ぶ場所が沢山あります。
訪れるのは、子供お年寄り、そして面白山の登山客。

ここでは、
“締め掛けの松と姥神(うばがみ)”が一際眼につきます。
近世の山岳信仰で、西は湯殿山、東は面白権現といわれたそうです。
面白権現のご神体は、天童高原より南に位置する南面白山の山麓にあり、
険しい参道を経て詣でが行われました。
この締め掛けの松は、面白権現までの参道にあたり、
登りきれない人は、
この締め掛けの松に注連縄とお札をかけ、
姥神にお供え物をして下ったそうです。
子ども達は、遊具などでたっぷり遊びとても満足そう^^

駐車場にある看板には、子供でもまわれる散策ルートがあり、
牧場も途中にあるらしい。これも是非挑戦してみたい^^
冬はスキーもできますが、スキーが苦手なもので。
でも娘には上手になって欲しい^^;
今度は、登山仲間と面白山を登ってみたい!
子供から大人まで楽しめる天童高原は最高!!
ここは本当にお薦めの場所です。
また来るぜ、天童高原!

ここまで読んで頂きありがとうございました m(_ _)m

ひなまつり 2015/4/3

DSC017861DSC017931

~紅花取り引きで、京都などの上方文化がこの地に~

女子のすこやかな成長を祈る日本の年中行事ですね。
明治6年(1873年)1月1日の改暦以後はグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なわれるようになったそうですが、
ここ河北町では、新暦4月2~3日に祝います。
ひな人形は、江戸時代になって全国に広まり、飾られるようになったそうで、
一生の災厄をこの人形に身代りさせるという祭礼的意味合いがあります。
河北町では「ひな供養」と称して雛人形を焼却供養いたします。
ちなみに、お内裏様は向かって左に飾りますか?それとも右に飾りますか?
結婚式の新郎新婦もこれに倣っているそうです。地域差もあるようです。
また、祭が終わった後も、雛人形を片付けずにいると結婚が遅れるという話がありますので、
我が家では、遅くとも翌日の4月4日中には片付けてしまいます。
わが町に集められた紅花が、
最上川を下り酒田港へ北前船に積み直され、上方に運ばれました。
そして帰りに、日本文化の最先端だった上方のお雛様を積んで戻ってきたのでしょう。
河北町のひな祭は、河北町と上方の交流の歴史を今に伝えています。

河北町のひな祭

マニアック霊場 ~東根市・高所編~ 2015/5/10

kannondo1iwa1ishizakiyama1zekkei1kamoshika1kasugajinja1

今日は、山形県・東根市をドライブしました。
お目当ては、
東根市高崎地区有志が整備した

立石山の散策道。

ここは、かつて「疱瘡(=天然痘)神山」とも呼ばれ、
参拝者が訪れた歴史もある山だそう。
「地元の山を通じて、地域への愛着を育みたい」
「地域の新たな魅力を広く発信していきたい」
という地元民の発想に感動して、
昨年よりぜひ訪れてみたい場所でした。

立石山で昼食をとることを想定し、
その前に自牧寺を目指しました。
下調べはほとんどせず、ドライブすると、
想定外の(ある意味予定通りの)
道草ツアーの、はじまりはじまり~^^

1 想定外 (牛舎、神社)
2 自牧寺&観音堂
3 石崎山(立石山と思っていたら)
4 想定外(カモシカ)
5 想定外(春日神社、モミの木)
6 想定外(黒森観音=最上三十三観音霊場の十九番)
7 中古自転車探し

最も感動した一つが、2の観音堂。
こんな所に、こんな名所が。びっくりです。

次に感動したのが、3の石崎山。
そんなに高くないですが、絶景。
てっきり、立石山と勘違いしていたようです。

そして、定番かもしれませんが、
6の黒鳥観音。
何がって、葉山を見るのに最高のビューポイント!!

でもでも、ここの地域全てが最高。
“日本の癒し系ジュラシックパーク”。
ここにいるだけで幸せになります♪
気ままにピクニック、最高でしょう♪
ぜひ、訪れてみてください。

そして、2・3・5・6は、
いずれも地元の人しか知らない、マニアックな場所で、
しかも、高い所に位置します。
そこで、「マニアック高所霊場」を作りたい、切に希望します。

こんなに狭い範囲で、これほど魅力的な場所があるのですから、
東根温泉や果樹園とコラボして、
東根クアオルトを作って欲しい!!
*クアオルト
=森林や温泉などの自然を利用して治療・養生を行う、長期滞在型の保養地。

東根市では、近くにイオンや「あそびあランド」なる遊びがありますが、
こんなに魅力的な場所が、すぐそばにあるんですね。
東根市民には、もっとこの恵まれた環境を生かして欲しいです。
モッタイナイ!!
大人が本気でワクワクする場所を訪れてこそ、
子どもも本気でワクワクする。そう思います。

実際うちの長女も、いよいよ私の弟子入りをしたようで、
(病気が感染したようで^^;)
「あの山の上に見える赤い屋根の家を目指そう!!」というと
「行く!!」と、お母さんを置いて、私の冒険に参加してくれます^^

東根市、雪もそれほど多くなく、東京からの移住もあるそうで、
とても恵まれた土地です。
山寺、若松寺、慈恩寺、羽黒山、
有名どころばかりが山形ではありません。

また、いろんな方の「ここ、おすすめの高所霊場ですよ!!」を集めて、
山形のマニアック霊場マップ、
ぜひ作ってみたいものですね♪

追伸;
立石山には、結局登れませんでしたが、
手前の石崎山なら、小さなお子さんでも登れますのでお薦め。
帰りに長女の自転車も購入。
娘よ、東根散策にまた来よう!!

ここまで読んでいただき、有難うございますm(_ _)m

西川町・本道寺 2015/5/15

DSC02441DSC02434DSC02443DSC024451DSC02446

今朝は、山形県西川町の本道寺に行ってきました。
本道寺は、神仏習合のお寺で、湯殿山の別当の一つであり、
つまり、出羽三山信仰で最もにぎわった場所でした。

メンバーは、
三上英司先生、荒木志伸先生(共に山形大学の先生)、
それに「大黒森プロジェクト」の共同代表の、
阿部高之さんと布施範行さんです。

三上先生と荒木先生の結論は、
本道寺=圧巻。
これは、日本の誇るべき埋蔵文化財です、というもの。
そして、文化財と同じくらい(?)好評だったのが、
山菜。

荒木先生は、
もちろん石碑にも心奪われながらも、
(女性のためか?)
山菜のワラビにワクワク、収穫収穫されてました^^;
荒木先生も三上先生も
ワラビやウドは勿論のこと、クワダイ、シドケなど、
それぞれ、東京、北海道のご出身なのに、
地元の私より数倍詳しいのです^^;

ちなみに、
荒木先生情報によると、
山形県は、全国的に見ても、文化財の保護に消極的な県で、
国にしょっちゅう怒られているそうです。
これは、三上先生さえ初耳の情報でした ^^

本道寺の「大黒森プロジェクト」の共同代表のお二人は、
専門家にお任せの文化財保護・宣伝でなく、
地元の住民 & 専門家 & 有志が、
一緒に文化財の調査・保護などをとおして、
地元を元気にすることを望んでおられます。

三上先生も荒木先生も、
希望する学生さんに参加してもらい、
文化財の調査や、場合によっては雪下ろしなどの手伝い(=体験)をしてもらうなど、
長いスパンの文化財の調査・保存・宣伝などを提案されました。

こんなトークが聴けるなんて、
極楽浄土のような時間でした。
月山ダムにある2Fの食堂で、げそ天ざるそばをいただき、
噴水を見ながら、熱く語りました。

三上先生の次の言葉が印象に残っております。
「地域おこし」と力んでは続かない。無理しないこと。
学生が、ここ(本道寺)にきて、作業を手伝えば、
ここは学生にとっての「故郷」になる。
将来、フィアンセや子供をここに連れてくるだろう。
楽しいって、win winの関係です。

そして、6月の本道寺で、
三上先生と荒木先生をお招きして、
「打合せ」という名の“カド焼き(にしん)”で飲もう♪
ということで、話が進みました。
いよいよ、本道寺、ゆっくりと確実に動き出しそうです^^

今日は、三上先生と、荒木先生と
本道寺を訪れることができて、
今までで一番幸せな日の一つになりました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

追伸:
7月18日(土)友引
第3回 おとなの寺子屋講座
江戸時代のお墓参り ~湯殿山・本道寺編~
集合 13:30 永昌寺
現場 西川町本道寺
http://eishoji.info/?page_id=24

上記の寺子屋講座の事前下見も、今回の目的の一つでした。